本を書くことの意義

 

1.

事業者が本を書くことの意義
事業者が本を書くということからイメージするものは、引退後に、長い間手掛けてきた自分の事業や経験、苦労話を懐かしむように執筆するというものです。
しかし、そればかりではないのではないでしょうか?
下記のような意義があると思います。

(1)





(2)




(3)






(4)




(5)

方針を「修正」することができます。
 ご自分の頭の中の理念や方針をあらためて文章にまとめることにより、再認識したり、 再見直しすることにより、不備な点を修正したり、補足することができます。また、曖昧だった部分を再整理することにより、明確にすることができます。

その本が会社の「憲法」となります。
 その修正を加えた本を社員に配布することにより、押し付けることなく、社内に基本理念や基本方針を浸透させることになります。それは、まさに社内の「憲法」と呼べるものだと思います。

効率の良い「広告」となります。
 ご執筆された本が、書店や図書館に並ぶだけで、広告になりますが、さらにその本自体や、本の出版を通して著者様がメディアに取り上げられる場合も意外に多くあります。そのことは、莫大な費用が必要な広告よりも、人々の目に触れる機会が多いのです。出版料は、広告費に換算すると決して大きなものではありません。

取引先から「信用」を得ることができます。
 執筆した本は、「名刺」であるとよく言われますが、名刺のみならず、「履歴書」であり、「方針説明書」でもあります。その本を読まれた取引先から、経営者の考え方や会社の方針が理解されることにより、信用を得ることができます。

結果、ご自分の「人間性」を高めることになります。
 本を執筆するということは、知的で、有意義で、非常にやりがいのある行為でもありますが、大変な作業でもあります。その作業を通して、小は文章の書き方や構成を再学習するとともに、大は自分を再検証したり、それまでの人生を見つめ直すことにより、結果、自分の人間性を高めることにつながることになります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


湘南社 メールアドレス